難病申請

これから申請をしようとしている方は参考にしてください。
申請時点の診断書上で重症とみなされそうかどうかがポイントです。

私の場合は発症して2週間で歩行器が必要になりましたが、申請時点では歩行器なしで歩行できたため、診断書上軽傷でした。
軽傷の場合、3か月間を通して総医療費が各月33,330円を超えていないと、おそらく非承認となります。3か月治療してから申請すると良いと思います。
重症の場合も、再発していないからと認定されない場合があるそうです。申請を出しなれた医師であればちゃんと対応できるので、診断だけではなくここでも専門医にかかる事を強くお勧めします。

私は昨年7月から提出していた難病申請が遂に承認されました!
正式名称は特定医療費(指定難病)受給者証と言います。

特定医療費(指定難病)受給者証、難病申請認定

一度は非承認になり、わざとではないかと思うくらいまたされました。
しかしこれで一安心です。
本当によかった~

  • (7月上旬に多発性硬化症を発症)
  • 7月末ごろに提出
  • 10月ごろに国から追加の質問回答依頼が来る
  • 10月末ごろ回答
  • 12月末ごろに軽度かつ申請時点で総医療費33,330円を3ヶ月以上支払っていないので認定できないと連絡がくる
  • 1月末ごろに再度申請(12月時点ではすでに上記に達していたが転院していたため診断書を取るのに時間がかかった)
  • 3月末ごろに国から追加の質問回答依頼が来る(10月とは別の指摘。提出している内容は同じであったのにもかかわらず)
  • 4月上旬ごろ回答
  • 6月下旬に認定

あとは既に6か月間の総医療費が各月50,000円を超えているので、高額かつ長期の申請ができます。
これで窓口負担額の上限が30,000円/月→20,000円になります。

しかし、マル都の医療券が来ると思っていたのにそれははいっていない。。
どういうことだろう。