思考の癖が変わった

こういう事もあるというお話です。

私は病気になってから記憶力が低下しました。
以前は3才くらいからの記憶が毎日ではないものの1か月レベルくらいでは思い出すことができました。
今はどんどん忘れて行っています。
考え方は、どちらかというと経験から結論をだし、理由を後付する方でした。

今は、論理的でない事象に対してどうしようもない拒絶感、人に対しては軽く暴力的な衝動もあるほどです。
たとえば声が大きい人の意見が通りやすいような会社の理不尽な愚痴を聞いた時などです。

なぜなのか分からなかったのですが、今日少しわかりました。
作業療法士に自分の症状を説明していたところ、

「整理された論理的な情報の方が記憶の定着率が高い」と言われて気が付いたのですが、私は病気後も論理的かどうかは分かって、逆に言うと瞬間瞬間の論理思考だけで生きているから、論理的に整理できない事が苦手になっているんだと思います。

一応仕事はまだしているのですが、幸いにも私の会社は論理が全てで正義なので不都合はありません。
しかし、普通の会社だったら「あの人細かすぎて気持ち悪い」レベルで小さな矛盾も放置できなくなっていると思います。

左脳に病変が見つかった時は、思考能力が落ちると心配したのですが逆に強調されてしまったという例です。